カーフィルム施工の 注意点
お知らせ!!

 
後部補助制度灯義務化の該当車両の
車検が始まります・・
 
 
 
_
 
国土交通省の保安基準改正により平成18年度以降に製造・登録された乗用車のハイマウントストップランプ(補助制度灯)の装備が義務化されました。
その為、ハイマウントストップランプ部位のフイルム施工に関しては確実な目視が必要となる為、リア部分の色付きフィルム施工の場合切抜きが必要となりました。
当店では、該当車両のリア部分の施工の場合、「ハイマウントランプ」付近を切り抜いて施工いたします。

詳細はお気軽にお尋ねください。

 
 

フロント周りの施工は・・
可視光線透過率70%以上が必要です。

 

_

 

運転席・助手席・前面ガラスに施工できるフィルムは可視光線透過率70%以上をクリアできるものとないます。
可視光線透過率70%を下回るフィルムをはると車検不合格となる他、違反点数1点反則金7,000円など厳しいものとなっています。
その為当店では透明断熱フイルム施工の際トラブルを防止するため測定器を使用して、可視光線透過率をお客様に確認してもらっています。
 
また施工証明書(光線透過率測定書)を発行して、車検の際のトラブルを防止いたします。

 
 

 ややこしいいお話になりますが・・

最近多くなったカーフィルム施工前のお問い合わせ!
 
フロント周りの透明断熱フィルムを施工後・・
絶対車検は大丈夫ですか?

 

 

 

正直、保証はありません。

当店としても、車検時のトラブル防止、また合法的に施工を行うために 施工前、施工後、 可視光線透過率 (※可視光線透過率=光を通す数値、値です) 測定し70%以上確保出来る場合は施工、施工後、透過率測定表を作成して お客様にお渡ししています。

しかし・・ 法の整備はできていても、ディーラーさんや車検工場さんでは貼り付けていると ダメ!という認識を持っているところもあります。(測定器もありません)
 
逆に陸運局の方がその点では理解されているので、透過率70%以上あれば車検合格となります。
また、不合格の要因として・・
可視光線透過率を測定する際、 ガラスの汚れ、水垢、フィルム自体の経年 (施工後5年以上) により少しずつ 黄変 (黄ばみ)致します。
その為、もともと車検合格ギリギリの透過率ガラスに施工した車両は 不合格となる可能性があると考えられます。
まずは、車検を受けられる予定の工場、ディーラーさんに一度相談してみる事と、 施工後お渡しした、透過率測定表を提示していただくと良いと思います。
正直、可視光線透過率の問題は、その昔フルスモーク(サングラスカー)に対する 規制から始まった事で、運転者、歩行者の安全面からその事自体は、施工する 立場として否定は致しませんが・・
 
可視光線透過率70%以上確保(車検合格)は、上記の様な環境の中かなり厳しい現状です。
これだけ暑くなる日差し! 紫外線、赤外線対策、エアコン効率をアップ燃費を良くしたり 万が一のガラスの飛散を防止してくれたりといい事ばかりなのですが・・
 
車検時に剥がしているフィルムを貼ったままで危険ですか?・・・
しかしルールはルール・・・(-_-;)

最後に、車検時上記のようなケースでお困りの場合はすぐにお知らせ下さい。
また、剥離後の再施工は特別料金にて受付け中です。。
 
カーフィルム施工の 注意点
お知らせ!!

 
後部補助制度灯義務化の該当車両の
車検が始まります・・
 
 
 
 
国土交通省の保安基準改正により平成18年度以降に製造・登録された乗用車のハイマウントストップランプ(補助制度灯)の装備が義務化されました。
その為、ハイマウントストップランプ部位のフイルム施工に関しては確実な目視が必要となる為、リア部分の色付きフィルム施工の場合切抜きが必要となりました。
当店では、該当車両のリア部分の施工の場合、「ハイマウントランプ」付近を切り抜いて施工いたします。

詳細はお気軽にお尋ねください。

 

フロント周りの施工は・・
可視光線透過率70%以上が必要です。

 

_

 

運転席・助手席・前面ガラスに施工できるフィルムは可視光線透過率70%以上をクリアできるものとないます。
可視光線透過率70%を下回るフィルムをはると車検不合格となる他、違反点数1点反則金7,000円など厳しいものとなっています。
その為当店では透明断熱フイルム施工の際トラブルを防止するため測定器を使用して、可視光線透過率をお客様に確認してもらっています。
  また施工証明書(光線透過率測定書)を発行して、車検の際のトラブルを防止いたします。

 
 

 ややこしいいお話になりますが・・

最近多くなったカーフィルム施工前のお問い合わせ!
 
フロント周りの透明断熱フィルム・・
施工後、絶対車検は大丈夫ですか?

 

 

 

正直、保証はありません (-_-;)

当店としても、車検時のトラブル防止、また合法的に施工を行うために施工前、施工後、可視光線透過率(※可視光線透過率=光を通す数値、値です)測定し70%以上確保出来る場合は施工、施工後、透過率測定表を作成してお客様にお渡ししています。
しかし・・法の整備はできていても、ディーラーさんや車検工場さんでは貼り付けていると・・ダメ!
という認識を持っているところもあります。(測定器もありません)
逆に陸運局の方がその点では理解されているので、透過率70%以上あれば車検合格となります。
また、不合格の要因として・・
可視光線透過率を測定する際、ガラスの汚れ、水垢、フィルム自体の経年(施工後5年以上)により少しずつ黄変(黄ばみ)致します。
その為、もともと車検合格ギリギリの透過率ガラスに施工した車両は不合格とる可能性があると考えられます。
まずは、車検を受けられる予定の工場、ディーラーさんに一度相談してみると、施工後お渡しした、透過率測定表を提示していただくと良いと思います。

正直、可視光線透過率の問題は、その昔フルスモーク(サングラスカー)に対する規制から始まった事で、運転者、歩行者の安全面からその事自体は、施工する立場として否定は致しませんが・・
 
可視光線透過率70%以上確保(車検合格)は、上記の様な環境の中かなり厳しい現状です。

これだけ暑くなる日差し!紫外線、赤外線対策、エアコン効率をアップ燃費を良くしたり万が一のガラスの飛散を防止してくれたりといい事ばかりなのですが・・
 
車検時に剥がしているフィルムを貼ったままで危険ですか?・・・
しかしルールはルール・・・(-_-;)

最後に、車検時上記のようなケースでお困りの場合はすぐにお知らせ下さい。
また、剥離後の再施工は特別料金にて受付け中です。。
 
_