ガラスコーティング施工後のお手入れ方法

ガラスコーティング施工後の
お手入れ方法

ガラスコーティング施工後の状態を長期間維持する為に下記の方法でのお手入れをお勧めいたします。

洗車は最低でも1か月に1度は実施してください。

年中降り注ぐ、PM2.5に黄砂に花粉等の汚染物質が年々ひどくなる傾向です。
そのままにしておくと、上面部の撥水低下シミ等の付着の原因となります。
汚れたらこまめな洗車をお勧めいたします。

お手入れ方法

  • ボディ全体にたっぷりの水をかけ砂やほこりを洗い流します。
  • 付属のシャンプーをバケツ半分の水にひと押し(20cc)をバケツにいれ泡立てます。
  • すべて洗い終えたら、たっぷりの水ですすいでください。
  • 専用のマイクロファイバークロスで拭き上げ完成です。
  • 汚れの度合いにより水をかけながらの流水洗車でもOK!です。
  • ボディは上から下へ洗車を進め、途中シャンプーが乾かないように時々水をかけ進めてください。
  • 落ちにくい汚れ、付着物はメンテナンスクリーナーを使用して取り除いてください。

落ちにくい汚れは・・

付属のメンテナンスクリーナをご使用ください。
洗車後、ボディが濡れている、乾いている、いずれ状態でもご使用できます。
ターゲットは・・
※フロント周りの虫の付着
※ビッチ・タール等の汚れ
※洗車で落ちなかった汚れ
研磨剤を含まないので安心してご利用いただけます。

ボディ全体をリフレッシュ!(応用編)

※洗車後、ボディが濡れた状態で「M・クリーナー」を拭き上げクロスに適量とり、コーティング面に塗り伸ばしながら水分を回収いたします。
初期の雨ジミ等もスッキリ!被膜の保護、艶感、滑りもアップいたします!